正しい水質の水素水の選び方

水質の選び方 水素水には高い抗酸化作用があるため美容や健康、エイジングケアなどの分野で注目されています。
しかし、水素水を効果的に摂取するためには水素水の正しい選び方をする必要があります。摂取した後効果を実感するためには水素濃度の高い水質のものを選びましょう。
そして、水素は空気に蒸発しやすいという水質を持っているため、密封されているものを選び、1回で飲みきることが重要です。
効果的な飲み方としては摂取量や摂取のタイミングには縛りがありませんが運動やスポーツをする時、ストレスを感じた時、睡眠不足の時等のタイミングで摂取をすると活性酸素の外から体を守る事ができます。体内にうまく取り入れられなかった過剰な水素は呼気やげっぷ、おならとして体外に排出されてしまうため、水素を過剰に摂取しても問題ありません。
水素水の1日に何回か活性酸素が多くなる直前に摂取する事が望ましいですが、1日1回飲む場合は朝に摂取する事が効果的です。
また、お風呂前や就寝前に飲むのも良いとされています。

水素水の長期保存は可能かどうか

水素水に含まれている水素には、他の物質と容易に結合しやすいと言う特性があります。その特性ゆえに水素水を飲んで水素を体内に取り入れることは、体にとって良くない影響を与える活性酸素を除去する効果が期待できるため、健康や美容に対して良いと言われているのです。
ですがこの特性があるからこそ、一度、容器を開封してしまったが最後、水の中に含まれている水素はあっという間に空中に飛散していってしまいます。これは蓋をしっかりと閉めたとしても、完全に防ぐのは難しいとされています。
また水素の分子は非常に小さいため、容器によっては開封していないのに、水からどんどんと水素が抜けて行ってしまうと言う可能性も否定できません。ですから水素濃度にこだわるのであれば、水素水の長期保存はあまりおすすめできないことです。
ただし容器の性質によっては、長期保存にもじゅうぶん耐え得るものもあります。その代表がアルミパウチ容器です。開封した後も、アルミパウチ容器であれば、水素と結合しやすい酸素を抜いて再び蓋を閉じることも可能です。逆に持ち運びに便利なペットボトルは適していない容器に該当してしまいます。
もし、たくさんの水素水を長期保存しておきたいと言う場合は、アルミパウチに詰められたものを選択するのが賢明です。

『水素水 保存』 最新ツイート